後遺障害については、具体的にどのくらいの賠償金を請求できるのか気になる方は多いでしょう。これは等級認定というものを受けることによって決まります。認定された等級によって後遺障害慰謝料や逸失利益などを請求することになるのです。等級は第1級から第14級までが存在しています。それぞれのケースによって症状は大きく異なっているのですが、その内容や程度によって特定の等級に認定されて、それによって慰謝料の額が決まります。

慰謝料適正な等級に認定されることができれば、満足できる慰謝料を受け取ることができるでしょう。それぞれの等級によって金額はかなり異なっています。1級が最も高くなっています。数千万円という額になることもあれば、低い等級の場合は数百万円程度となってしまいます

実際に認定をするのは第三者機関となっています。そちらに書類を提出して、客観的な審査を受けることになるのです。個人を判断できるような情報は送らないようになっています。そのため公平な審査を受けられるのです。

たとえば遷延性意識障害の場合は第1級第1号が認定されることが多いでしょう。この場合、自賠責保険では4千万円を上限として支払われることになります。弁護士を雇うことによって、できるだけ高額な慰謝料を請求できるでしょう。